南伝仏教の雄 スリランカ訪問
〜仏教徒の結束 仏教興隆の誓い〜

平成28年12月9日〜16日
コロンボ〜キャンディ


 全世界への仏教興隆へ向けて、南伝仏教の雄 光り輝く国「スリランカ」を訪れた、念佛宗一行と
佛教サミット会長 モンゴル法王 ハンバラマ・D・チョイジャムツ猊下
佛教サミット副会長 念佛宗長老 郡 真海猊下
佛教サミット事務総長 シンガポール法王 ウェラゴダ・サラダ・マハテロ猊下は、
コロンボのバンダラナイケ国際空港にて、国賓待遇でお迎えされ、一人一人、花束の歓迎を受けられました。その後、VIPルームにて、再会を喜び合い仏教興隆の意義について語り合われました。
 この度は、一週間にも及ぶスリランカ訪問の公式行事は、スリランカ大統領閣下、政府要人を始め、スリランカ仏教 三宗四派の管長猊下との御会見が執り行われました。
 訪問団が滞在するホテル前には白バイが常に待機しており、全行程の移動を、白バイで先導し、訪問が円滑に進むように、政府より格別の配慮がなされました。


佛教サミット会長 ハンバラマ・D・チョイジャムツ猊下
佛教サミット副会長 郡 真海猊下
佛教サミット事務総長 ウェラゴダ・サラダ・マハテロ猊下 が
一堂に会す コロンボ バンダラナイケ国際空港VIP ルームにて


政府差し回しの白バイ先導にて 全行程で 手厚い警護を受く

次のページへ 

ページの先頭へ

12345