九 州 本 山 舎 利 殿 落 慶 法 要






平成20 年11月 8日



 由布市挾間町 北に豊後富士を望み、南西に九重連山の山々が見渡せる 9万3063坪の境内地に新たに九州本山舎利殿の大伽藍が建立されました。
 九州本山 観音堂から「彼岸橋」を渡った向こうに聳える舎利殿は、釈尊の理想である「真の安らぎ」即ち「大涅槃」という仏教の目的を 象徴する一大伽藍です。

ページの先頭へ