平成25年 11月4日

 佛教サミット最高顧問であり、栄誉称号「世界佛教 最高の法王」を授与されたタイ法王ソムデット・プラ・ニャナサンバラ猊下が逝去されました。念佛宗総本山「佛教之王堂」では、タイ王国 マーノップチャイ・ウォンパクディー総領事御夫妻が臨席され、念佛宗僧侶、尼僧、檀信徒が参集する中、追悼大法要が厳かに執り行われました。

ページの先頭へ